「ほっ」と。キャンペーン

タグ:観光 ( 16 ) タグの人気記事

ドーバー海峡横断部

パリに遊びにきてるなぴょ&ちーちゃんが、海の中を通ってロソドソに来たってわけです⊂((・⊥・))⊃

日帰りplanで時間も限られているのに、ユーロスターがけっこう遅れてあわわあわわ(>_<)


一回ウチに帰ってから
急遽、ボンドストリートでお買物。

フランスの美豚工場の一つが閉鎖された関係で、パリでは商品が品薄状態。
買い物にも制限があるらしく買えなかったそうよ(お一人様◯個マデ というアレです)


ウェストミンスター寺院、ベン様、ロンドンアイさくっと観光して、

f0238130_213708.jpg


ベン様の下のパブでランチ

そのあと、
ロンドン塔をじっくり観光し、
大英博物館でミイラにご挨拶。

最後にスイスホテルのATゆきました

ロンドンっぽいものたちが、ビスケットやチョコレートで再現されてまっぷ

ビスケットのロンドンアイ、ロンドンブリッジに、
チョコでできたセントポール大聖堂、キャブ
テムズ川まであるーー

f0238130_2137955.jpg

いいやんいいやん
f0238130_2137876.jpg

上から
サンドイッチ
タルト
カップケーキとチョコケーキ

これに
ミニチュアロンドンとスコーンがつくますつくます

おおはしゃぎーきゃいきゃい
f0238130_2137785.jpg

お腹いっぱいで
ほとんど食べれなかった(´Д` )
ので、
こんな可愛い箱にいれてもらて持ち帰り~

f0238130_2137414.jpg


有貴に会えて大満足な2人は
ドーバー海峡を渡ってまたパリに戻っていきました


往復88ユーロ、だから一万円くらい⁇でこれるんだねー
Easyjetだたらもと安いけど


最後に
f0238130_2137694.jpg


大好きなベン様と

この写真みて喜ぶのって、
家族とネコさん(神戸在)くらいだと思う
[PR]

関西遠征【後半戦】

11月中旬、紅葉のはじまりかけの京都にて観光もしたんれす。
withちょうどニポンに同じタイミングで一時帰国してたキム兄v( ̄Д ̄)v

ランチーたいむに集合!!

f0238130_172924.jpg

四条の鍋屋さん「葱屋平吉 ゆるり屋」へ。

いわゆる 町屋風な建物。kyotoっぽいよねー
f0238130_183929.jpg


メニューいろいろなやみんぐ・・・
f0238130_191628.jpg

でもやっぱりいつもの鍋×麺のランチ。
鍋のだしと麺の種類(うどんor中華麺)選べるよ~

有貴は黒ごまベースの黒こくうま煮込み麺
f0238130_193527.jpg


キム兄は鶏煮込み麺でさっぱり塩味
f0238130_1102487.jpg


以前はだしだけ決めて、
ごはん(白米or玄米)とか、具(鶏or豚or魚)とかまで選べたんだよねよね。
九条葱もかけ放題でぷ~
f0238130_111228.jpg


二人ともCPの高さに終始感激+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ 
麺×ごはんというでんぷん祭
いや、ほぉーーーんとにご飯ススム氏よ。

昔はランチしか行けなくて、
オトナになったら夜も来てみたいと思ってたんだよねー、
まだ実現せずですが(´д`)、その際はヤナギ原さん泊めてっち♪

キムラも私も2人とも学生時代を京都で過ごすも、
ガチに観光もそんなにしなかったりで、何気に行ったことなかった場所がありまんねん。

今回は観光をしよー、あ、もみじみよーせっかくだし、ということで
四条から金閣寺→竜安寺→仁和寺→北野天満宮→四条というplan

定番バババン金閣寺。
f0238130_112537.jpg


紅葉もはじまったばかり・・・
f0238130_1124143.jpg


竜安寺の石庭~
f0238130_112566.jpg


そしてマミコのご近所、仁和寺でほっこりだよ(´(・)`)
f0238130_113152.jpg


学問の神様 菅原道真の北野天満宮では・・
f0238130_16782.jpg

愛する夫のためにお守りをげっつ&EMAもかいた!!
頑張れ~夫ヽ(`Д´)ノ

kyotoは、ほんと外国の方に人気だし有名ですよね。
住んでた、っていうと話も広がるし、身を持って話ができるって大切なことなんだろうな、と。

それにしても
平日で、しかも紅葉もまだピークじゃないっていうのに
どこも混んでいて・・土日はどうなることやら~~dayo!

四条に戻ってお茶したあとは、
ラクロッサーとキム兄友人ズで飲み会をしぃの、
私はその夜のバスで、いよいよ関東に帰ってゆきました。

この夜行バス、京都~新宿3000えんて、めっちゃ安くない!?
f0238130_1212947.jpg

サヨナラ京都タワー
[PR]

バンコク最終日。でもなかなか日本に帰してくれないよ

最終日・・・
めずらしく予定通りにチェックインできそうだと信じて疑わなかった。
ところがどっこーい
タイ航空のカウンターで衝撃の事実「greatly delay・・・」
離陸時間AM11時予定→PM5時げな( ゚д゚)
なかなか日本に帰してくれないみたい。

ま、どしよもないので、
スーツケースからTシャツ&ガイドブックを取り出して街へ繰り出すことに~

Mango Tangoの開店まで時間があったので、近くのソムタム専門店
「ソムタム・ヌア」へ。

f0238130_1504291.jpg


そして、この日もMango Tango~再訪。
タピオカミルクとマンゴーのマンゴワルツ
f0238130_1511099.jpg

→ご想像通りの味。

そして、もち米とマンゴーのココナッツミルクがけ カオニャオ マムアン
f0238130_1515053.jpg

→じゃっかんしょっぱいもち米とココナッツミルクの甘さ、とろけるマンゴーのフューーーージョン ハッΣd(゚∀゚d)イカス!

タイはもち米が・・・・んまい。

お腹もいっぱいになったところで、タイ古式マッサージ&フットマッサージを受け、
幸せな気持ちのまま空港へ。

遅延にあたり、空港で使えるミールクーポンをもらっていたので、せっかくなのでMango Treeへ・・・
f0238130_1523581.jpg

機内食ぜんぜん期待してないので、はやめの夕食ということで。

ここでは、最後までタイ&マンゴー満喫して
f0238130_1532192.jpg

お腹もいっぱいになったところで、飛行機に乗り込み。

5時間のフライトの末、関西空港着いたのは0時過ぎ・・・v( ̄Д ̄)v
もちろん電車とか動いてなかったけど、、
ロンドンから来た私にすればとりあえず日本に帰ってきたことに対しての安心感の方が大きく、
なんとかなるだろーと思っていた。
案の定、今回の遅延は完全にタイ航空のトラブルが原因だったので
タイ航空からタクシーやバス、場合によってはホテルも提供してくれるということだったぽ。

ただ、荷物を受け取って出口に向かうと、そこには仕事帰りのぺかどさん&九州よりお越しのつっしー゙が待ってくれていて(車でむかえにきてくれた)
なんとかぺかんちまで帰れました。

お忙しいところ迎えに来てくださった友人ズには感謝だし、遅くまで家でまっていたペカママにも感謝なり。
唯一の心残りはペカママのご飯を逃した、という事実。

くそう┌(_Д_┌ )┐

ロンドンにはコンビニがないので、コンビニにコウフン。
光に吸い寄せられていきましたとさ、チャンチャン。

あ、タイの空港~バンコク市内は最近?今年?エアポート・レイル・リンクという電車
が開通して、最短15分でいけます。
f0238130_221962.jpg

ミナラエナリタ!!!!
[PR]

バンコクとーーーーちゃく。脱・ひとりゴハン♪

何やら外が騒がしい、そうだ寝台列車の中ですた、オハヨー!!
前日に注文しとけば、車内で朝食も食べれます。

で、さすがタイの寝台列車。
ウワサには聞いてたけどほんとに時刻表の意味ナッシング・・・
7時着とかだったと思うんだけど、ナンダカンダでバンコクはファランボーン駅着11時すぎ。(・∀・)

f0238130_2234796.jpg


とりあえず、駅近くのケンタでネットに接続~(´д`)iphoneナイス。
そこからホテルまでタクシーで移動したんだけど、窓の外は都会(※チェンマイ比)!!
車が多い、建物も高い、これにはほんとにびっくり。大都会バンコクΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)

はやめにチェックインして、夜の予定までバンコク散策♪♪

バンコクの中心部、は、ほんとにここだけみたらTOKYOみたい、大げさじゃないってば。

マジで、想像以上の都会さにびっくりした!!

チェンマイで足だったソンタク(乗り合いタクシー)はみかけなかったし、
トゥクトゥクもいたことはいたんだけど、
ここでは観光色が強いらしく、なんだか座席もしっかりしてた。

市民はその替わりに、
タクシーとかモータサイ(バイクの2ケツ)を良く利用するらし
(お値段も走行距離によってはタクシー<トゥクトゥクって)、あとはやっぱり電車ですね!
コレ便利。

ま、そんな大都会の中にもこんな感じの屋台街があったりするのがいいですね
お昼時、近くの会社員たちでいっぱい

f0238130_2275919.jpg

いっぱいお店があったけど、フィーリングで決定。麺とかも美味しそうだったな・・・
▼カーオ・マンカイ(30バーツ≒120円くらい?)
f0238130_2282260.jpg

あっさりしてるし、けっこうペロリ―――ぷぴ(´∀`)

そしてそして、近くの有名店、Mango Tango(やっと観光客っぽい)
f0238130_2284655.jpg

レジで注文、会計してから待つこと数分・・・・
f0238130_2291573.jpg

正直、自分、これまでMangoあまり好きじゃなかったです。
というもの、世間にはびこる「マンゴー風味○○」、「マンゴー味の○○」とかがどうも人工的でニガテ、
そんな経験から一方的にマンゴーNGという偏見。

しっかーーーし、いやいや、人生無駄にしなくてすんだ、
マンゴー・・・・めっちゃうまいやん、やん+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ 

これ結構感動。
ちょっとこれから買ってみよう、ロンドンでも普通にスーパーで売ってるらしいね~!!!

バンコクって電車の方も発達してて、とっても便利、移動にはこれがいいと思う、渋滞知らず♪
skytrainといって、モノレールみたいに頭上を走ってます。

いろいろまわって、ぜったい回りきれない、見どころいっぱいバンコク。

そして、今回のタイ旅行も最後の晩餐はalone in my roomじゃありません、アミーゴ!
ロビン師匠のお友達でバンコク在住の方を紹介していただいたんだけど、
こともあろうに、初対面でいきなり晩ご飯をご一緒させていただけることになりました!
まじ、ずうずうしい、どんだけ自分・・・だけど、これもロビンさんパワーと縁デスカラ!!
うっかりちゃっぁり乗っかるYOワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ

ご指定のレストラン、タリン・プリンはこの旅初のまともなレストラン~( ´艸`)♪
タイ料理はプロのお二人に完全お任せ(あざっす)でいろいろ出てきた~
f0238130_22111159.jpg

だってさ、一人だとこんなに頼めないじゃん、
f0238130_22113676.jpg

いっぱい頼んでも、残して申し訳ない気分だったじゃん!

そして誰かと一緒に食べるっつーのはこれまた楽しい話で、
f0238130_2212291.jpg

特に今回ご一緒させていただいたご夫婦は話がめっちゃおもしろい、興味しんしん、眼ギラギラ!!

奥さまのバンコクでのアクティブ話から見習うべき点、刺激をいっぱい頂いて。
ロンドンに戻りたくなりました(笑)
f0238130_22124337.jpg

楽し美味しい食事のあとは、屋上階の夜景が見える、というか夜景に浮かぶ、BARにいくも

f0238130_22131571.jpg

満席で断念(平日なのに大人気)・・・・

場所はかわって、
マンダリン・オリエンタル・ホテルへ。ここ、薄識なわたすでも聞いたことありまっせ~
世界TOPクラスのサービス提供してくれるホテルらしいですね!!!
そのホテル内、チャオプラヤー河沿いBarで・・・・
教科書words、チャオプラヤ河という言葉にいちいち感動。
世界をめぐるってこゆことなんだね~、そゆ意味では学校教育って大事かも。

さて、私はハマリたてホヤホヤ、マンゴーのカクテル・(  ´Д`)y─┛~~
f0238130_22144791.jpg

ぷへ、うまい。
ここでも話がポンポン弾んで、とぉーーーっても楽しいひととき、にとき、さんときネ・・・

見ず知らずの初対面の私を温か~~く迎えてくださり、感謝感激と同時に、
こうやってお会いできたことにはとーっても縁を感じます。
絶対タイやバンコクはまた行きたいけど、是非ロンドンにも遊びにきていただっきたいなぁ~♪
[PR]

象の頭髪カタイ

ひとり旅みかめーーーー。

はやく起きて朝メシ。
“ソンタク”という乗合タクシーに初乗車、お店でいただいたのは

カオマンガイ
→茹でた鶏とその茹で汁で炊いたご飯
付けあわせにたつぷりのショウガと甘&辛2種類のタレ、高菜漬けが繰り出すハーモニ~~+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ 

我が家の定番手抜き料理チキンライスに近い。。。かな
量がそんなに多くないし、朝からガーーっといけます。

さて、はて、朝8時半
ホテルでツアーのピックアップ待ちます。

自然たっぷりのチェンマイで是非やりたかったトレッキング・・・(=゚ω゚)ノ
日帰りのコースだけど、
山歩きにいかだ下り、象乗りにラフティグなどなど、ランチと送迎込みで
900バーツ(2700円くらひ)
(・∀・)きょうがくぅぅぅぅ~~~♪

各ホテルで参加者をピックアップし、7人の若者があつまった~
なんだかラブワゴンみたい。

最初に連れていかれた蝶々園

f0238130_1283328.jpg

→特に興味ないけど、パッケージに入ってるからしょうがない

いかだ下り
f0238130_127347.jpg

→竹取ってきて繋げました、、、的な工エエェェ(´ロ`ノ)ノェェエエ工
半分沈んでこんな感じ(笑)


f0238130_1275599.jpg


さすがチェンマイ、時間の流れもゆっくりです・・・

お次は象ライド
f0238130_1251661.jpg


象がとっても自由で、けっっこう激しくて、
終始気をはってないとほんとにイスから滑り落ちそうだった・・・
めっちゃ腹筋使った気分。

けっこう高い~
で、象の毛はめっちゃ硬。
そして皮膚はとてつもない乾燥肌。保湿を勧めときました。
f0238130_1215473.jpg


ランチのあとはトレッキング~
f0238130_1221959.jpg


山の中をずんずん進むんだけど、みんなだんだん仲良くなって打ち解けてきて、
米人の子が「ジャングルとフォーレストの違いはなんだ」という
大まかな質問をぶつけてきて、みんなで考えた
(この米人ガール、とにかく喋る喋る・・・仕事辞めてアジアを放浪中)。

スウェーデンBOY(notイケメン)も同じくアジアを旅しているらし。でも、いい加減アジアのご飯がうんざりだそうで、
彼いわく、ケンタすらもソースがアジア味だからダメって。マクドナルドが一番だと豪語してた。

バンコクからきた子は常に写真を撮っていて、ご丁寧にメールで送ってくれたり、
みんな一人で参加してたじょ、苺位置絵、、もといっっ一期一会がおもしろい。

ふっつーに河で泳いだり、
最後にはガーーーっとラフティングをして
f0238130_1225668.jpg

長い一日はしゅうりょ~~


帰りのバスはみんな爆睡・・・

今回日程の関係で日帰り1DAYツアーだったけど、
次回は民族の村に泊まる2日間のトレッキングとか
マウンテンバイクのツアーなんかもおもしろそう・・・
[PR]

乗ロバと白カベ

ロドス島、いよいよ最終日。つづき
12時チェックアウトなので朝ごはんものんびり~、
久しぶりに腕時計つけます。

リンドス遺跡まで、バスで5分、歩いて20分。
普段なら歩いたかもしれないけど、
あ゛づぐでそんな気分になれずぅぅぅ、バスで。

そいや
“うだるような暑さ~”的な表現とか、ロソドソにはなさそ。


バスを降りて、広場的なところでとりあえずパシャリ。
いぇ~~い

f0238130_432588.jpg

デモアナタダレ?

写真を撮ってくれたおばはんによると、丘の上にたつアクロポリス、という遺跡が有名らしい。

なんだか遠そうだけど、
遺跡の下には白い壁の家々が並んでるし、むかってみる。
f0238130_4262667.jpg

10分程歩くと、獣臭とともにロバが現れた。

どぉ~せ、観光地だし、
京都の人力車並みに(乗ったことないけど)高いんでしょ、と思ってたら、

え。5ユーロ( ゚д゚)!?
f0238130_452688.jpg

ほな乗りましょか~ってことで、

乗車、じゃなくて乗馬、でもなく乗ロバ!!!

ずんずん進むロバくん(の後頭部)・・・
f0238130_462898.jpg


けっこう激しい(モンゴルでの暴走馬の記憶が二人の脳裏をよぎる・・)
前も後ろも、両サイドも白壁!!真上に広がる青い空~
f0238130_473444.jpg


これぞGreeeeCEヽ(゚∀゚)ノ
f0238130_4273011.jpg

時おり道を外れようとするロバくん、ルーティンワークだもんね・・・・
f0238130_48942.jpg

すかさず、道に生えてる枝を折って、ロバのケツを叩くオジサン(ロバ主)

左下には海なんかも広がったりして~うわ、めっちゃキレ
f0238130_491159.jpg

一方通行譲り合いの精神
f0238130_410117.jpg


なんだかんだで、10分強くらい?歩いて登るにはしんどいであろう、坂道も
ロバ氏のおかげで明るく楽しく爽やかに~φ(゚∀゚ )
ほんとに5ユーロだった!!!あざす。

さて、アクロポリスっす。

チケット(6ユーロ)買ったけど、特に見せるわけでもなく、フリーダム

もうなんか景色がよすぎるのと、崖っぷちばっかり(どこでもVIEWスポット)で、
f0238130_4175834.jpg

ペーとパーコのように、、、、撮りまくる
f0238130_4182782.jpg


でか~~い
f0238130_4191881.jpg

ギリシャといえば、、、パルテノン神殿@アテネ
いってみたい気もする。


駐ロバ場
f0238130_4194562.jpg

歩いて戻りやす~にゃ♪
f0238130_4373112.jpg

へぇ。
f0238130_4213381.jpg

生搾りオレンジ、、、1.5ユーロ!!!(・∀・)
f0238130_4215788.jpg

生搾り妻(絞殺!?) Σ(゚Д゚;)
f0238130_4231635.jpg


お土産屋さんもあったり
f0238130_434615.jpg


軽くランチしたあとホテルに荷物を取りに戻り、
空港へ・・・・
バスで約1時間。
ほぼ寝てたけど、市内の景色は、
リンドスとはぜんっっぜん雰囲気が違って、お店もいっぱいあって、騒がしく、
なんだろ、グアムとかっぽい!!!

うん、
のんびり、うだうだ、ひきこもリンドスが、
ゆったりしててやっぱ良かったな~+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ と思ったり。


来年もぎりしゃ・・・・がいい、
と2人で早くも、鬼が笑うようなことをいいながら、
フライトも予定通りとんで、ロンドンに戻りました、チャンチャン☆

有貴がバイト先に買ったお土産、
“I LOVE Greece” チョコ。
ニポンんも「○○にいってきました」って書いてある(まんま)定番のクッキーがあるけど、
それとおんなじ感じや!
[PR]

NO時計ライフ @ギリシャ・ロドス島

7月17日~21日
ギリシャのロドス島というとこにいてきたぽ(・∀・)

f0238130_2323394.jpg


GreeeeCEといえば、(あ、GreeeeN聴きたい)
青い海Σ(゚∀゚ノ)ノ
そして白い壁+。:.゚ヽ(´∀`。)ノ゚.:。+゚ 

マンマミーア~♪♪♪

サントリーニ島、ミコノス島とか有名だけど、
ここロドスにもマンマミーアの世界がありました!

17日、ロンドンに遊びにきてくれた友人’sに別れをつげ(その内容は後日)
Gatwick空港を定刻より大幅に遅れての出発。
4時間のフライトの末到着したのはすでにPM11時(ばかぁ~~)

空港を出るともぁっと。。。あぢぃーーーー( ´Д`)=3
たくしーで約50分 リンドスというところに滞在デスマス。

普通にツインの部屋を予約したはずが、
「あい ぎぶ ゆー すぅいーと るーむ」
という私でもわかる英語が聞こえてた。

なぜかスウィートルームにアップグレード( ゚д゚)らっき~やっぴ~
f0238130_2353738.jpg

ディナーは逃したけど、
ウェルカムドリンクのワインとフルーツ、チーズとハムの盛合わせで乾杯~(・∀・)
(メゾネットタイプの部屋!階段ではしゃぐ・・・)

翌日から3日間は、特に観光などせずホテルでのんびり。

朝ごはんガッツリ食べて、
ひと休みしてからプールorビーチに
f0238130_23143584.jpg


暑くなったら水に入り、飽きたら本読んだり。
f0238130_23161143.jpg

お腹がすいたらなんか食べて、眠くなったらお昼寝・・の繰り返し

ちょっとずつ日が落ち始めたなと思ったら
シャワーを浴びてそのあと夜ごはん。
部屋に帰ってから、テレビをみたり、お酒飲んだり、寝るZzz 


NO時計ライフ

まぁおかげで、めっちゃ日焼けシタ!
学生時代に逆戻りっさっ
f0238130_2361737.jpg

瓶ビールズの夏合宿@福井

美白パックed 夫
f0238130_23172647.jpg


ホテルの人もめっちゃフレンドリ~ヽ(゚∀゚)ノ
アジア人がめずらしいらしく、良くも悪くも目立ったわたすたち。
日本人は一年前に女性が来た以来って。

コチラハプールサイドのレストラン。
f0238130_2372976.jpg


ある時、めっちゃ悩んだ末「クラブサンド」を注文
f0238130_2375843.jpg

でてきたサンドイッチを前に、

有貴: あれ?カニ(クラブ)どこ?
一行: ・・・CRAB(カニ)じゃなくてCLUBだよ
有貴: のぉ~ん┌(_Д_┌ )┐

寿司屋失格ですね。ま、美味しかったから良し。

のんびり@プライベートビーチ
f0238130_2391815.jpg


けど、「M&S」(イギリスのスーパー)のエコバック持ってる人がいて
一瞬現実に引き戻されたり・・・

まさかの5コースでぃなぁ~
f0238130_23102799.jpg

メニューは5ヶ国語くらい用意されていたぽ


たまに「んぅっ!?」っていう味付けがあったけど、
(ソースが甘かったり)、総じて、よいよい。

ギリシャのハルミチーズ
f0238130_23563571.jpg

牛・羊・山羊乳からできたチーズで、歯ごたえがたまらん、うまし
(ろんどんでも買えるかな・・)

オリーブが美味しいな~と感じたけど、
あんなに太陽浴びてたら、そりゃ美味しくもなりますわ~
f0238130_23201792.jpg


ホテルのまわりは、崖!?岩!?砂漠!?
f0238130_2312521.jpg

ひつじがいっぱい&不法侵入ヤギ子

さて、今回の旅、5日間で
・往復航空券
☆☆☆☆☆ホテル
・ハーフボード(朝&夜ごはんつき)

375ポンド/人=5.5万円くらい!?
たぶん時期が良かった(子供の夏休み前?)んだろうけど、誰に話しても驚愕のお値段!!
by expedia.uk
f0238130_23222648.jpg


食事つきだし、物価も安いし、滞在中は全っっ然
オカネ使わなくて済みました!good!!
f0238130_23572833.jpg


いつも旅行と言えば、、、、
ホテルとかほんとどこでもいいし(安さ&場所重視)、
移動も格安航空券とか寝台列車とかバスとかで、
日程もキツキツ。それはそれで楽しいけど、今回のはじめてののんびり旅行~
NO時計ライフ Σd(゚∀゚d)イカス!
f0238130_23344672.jpg

最終日、チェックアウトしてていよいよマンマミーヤ~φ(゚∀゚ )
[PR]

コンウォール弾丸trip②

一日目コチラ

f0238130_2223974.jpg


2日目(も)、朝からガッツリ活動・・・・

まず、英国版モンサンミッシェル(仏)こと、
セント・マイケルズマウント(St.Michael’s Mount)へ。

f0238130_1494990.jpg

これ海に浮かぶ小さな島なんだけど、
普段はボートでなきゃいけないところが、引き潮のときに歩いて渡ることができる。
じっさいフランスのモンサンミッシェルとの関係も深いらしです。

8時くらいに到着。まだ引き潮まで時間があったので、朝メシ朝メシ。
f0238130_1543033.jpg

目の前に島が見えるこのホテルのレストラン。イングリッシュブレックファストを♪♪
f0238130_155739.jpg

なぜか豆がない。そして、パンをただ素揚げしたもの、どうやって食べるの?
トマトもベーコンもgood。
ベーコン、美味しいと思う。ガッツリや~ヽ(`∀´)ノ

徐々に潮が引いてくのが見えて(・∀・)!!
9:30頃に歩けるくらいになり、いざゆかん
f0238130_1572941.jpg

島のてっぺんにはお城、その下にはお土産やさん、レストランなどあったり、
モンサンミッシェルの小さい版という感じ。
しかし、神奈川県湘南育ちのIKKO&有貴には
「ここ江の島?・・・エスカレータないの?」なんて思ったり(=゚ω゚)ノ
お城からの景色
f0238130_202133.jpg

さっきまで海だった場所を歩いてるなんて変な気分、船もこんな感じ(゚з゚)

f0238130_21474.jpg

車に戻ってドライブ再開!昨日とはうってかわっていい天気!

f0238130_22984.jpg

30分もしないうちに到着

f0238130_244342.jpgミナック シアター
(MINACK THATRE)


この劇場、すぐ後ろには海!!!

f0238130_26451.jpg

なんでも一人の女性が断崖絶壁の岩を切りく砕き、50年もの歳月をかけて創り上げたとか。
彼女を動かしたものはなんなんですか?夏場の平日に実際に劇もやってるってよ~。

f0238130_284549.jpg

シアターのある崖に広がる海、そしてはるか下にはビーチ


イギリスにもこんなキレーな海&砂浜があったんだ~と感心した。
ビーチまで降りるのに一苦労、登るのはさらに三苦労くらい。
f0238130_294379.jpg

ちなみに、水、、、、めっちゃ冷た。((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル
泳ぐの無理(でも皆入ってた。驚き)

シアターを後にした御一行、いよいよ今回のメインイベント、イギリス最西端を目指します~
ドライブ最高~、そうそう紫陽花をいろんなところで見かけたよ。
f0238130_216427.jpg

14:30 イギリス本土 最西端 ランズエンドの地に到着( ´Д`)=3
なんか、、、、めっちゃ観光地化されてたといか、遊園地っぽくもあり、、、
f0238130_2125491.jpg


とりあえずパシャリ。
ほんとの最西端の崖はここではなく、また少し歩くらしいけど、
大まかにいって西の端っこ、「西っこ」到着ワーイヽ(゚∀゚)メ(゚∀゚)メ(゚∀゚)ノワーイ
f0238130_2132599.jpg

ここではコーニッシュアイスを食す。

これで満足。。。ほなロンドン帰りましょ♪♪ではなく、
最南端リザードポイント(Lizard Point)へ。
最西端も最南端もあるなんてコーンウォールは贅沢ですね。


Lizard Point
f0238130_2143192.jpg

・・・どこが“南っこ”だろ。
f0238130_215090.jpg


さて、これにてこの旅の目的しゅーりょぉーー!!
途中のマックでご飯を食べたあと、

ちあき氏は3時間半ぶっとおしで運転し続けてくれました(アッパレ)

2日間の走行距離1051キロ、およそ600マイル。
もういちどいいます、
おろして3日目の新車だよーーースゲェ━━━ヽ(゚Д゚)ノ━━━!!!!
f0238130_2181283.jpg

※ちゃんと“切られてくれる”関西人ちあき

リッチモンドから地上ラインでWaterloo駅に戻ったころには、
運転してない私たちですらぐったりんこでした。

今回はじめて国内旅行して、、、
ロンドンて、ほんとイギリスの一部なんだね。。。と改めて実感。


窓の外には、どこまでも広がる草っぱら、
のんび~り暮らしてる牛、馬、羊。
石造りの家とかいちいち可愛くて、
「イギリスは田舎が良い」という誰かの(誰!?)お言葉にとっても納得。

いろんなところで見かけたB&B(ベッド&ブレクファストというホテル)にも、
一度泊まってみたいと思ったりも。

とりあえず、これからTVでイギリス全土の天気予報のとき、親近感湧きそうです。

【おまけ】 ドロー by元ラクロッサー ちあき&有貴
f0238130_2212770.jpg

[PR]

コーンウォール弾丸trip① 

週末ヘ(゚∀゚ヘ)友人ズと車で旅行シテキマシタ。
イギリス本土の最西端と最南端を、一気に制覇φ(゚∀゚ ) な弾丸トラベラー

f0238130_1620630.jpg

いちお、「地球の歩き方 イギリス版」は持ってるけど
旅行と言えばなにかと外に目が向いていた私たち。何気に初の国内宿泊旅行。

【スケジュール】
<土曜日>
リッチモンド(Richmond)を出発、 
世界遺産ストーンヘンジ(Stonehenge) をしれっと通過(朝日がまぶいぜ)
ベルストーン(Belstone) という穴場スポットで大自然に魅了され
渋滞の中、睡魔と闘い(時に負け)つつも
ティンタジェル城(TINTAGEL)でトレッキング&コーニッシュパイに英国食事情を実感。
気を取り直してセント・アイヴス(St.Ives)で街散策。カモメにびびった後は
濃霧の中どこまでも続く農道をぶっぱなし
夜ご飯も食べず就寝zzzz

<日曜日>
英国版モンサンミッシェルを眺めるホテルで朝食
さっきまで「海」だった場所を歩いてその山 セントマイケルズマウント(St.Michael‘s Mount)へ 
ご近所のミナックシアター(Minack Theatre)でイギリスの海を見直したのち
いよいよ
西っこランズエンド(Landsend)と
南っこリザード(Lizerd)を制覇
途中マックで夕食をとり、3時間半の道のりをノンストップでロンドンに23時着
DANGAN!!!!!

【走行距離】
1051km。
だいったい東京~大阪間!? 1人の女子の運転で。車内はカラオケ大会。
距離感、地理感も何もなかった私。
旅行前、友達に「週末ランズエンドにいく」と言ったら、とんでもなく驚かれました。
1泊2日で行く場所、内容ではないらしいけど、若さでアタックっ。押忍。

【本題】
っさ金曜夜、Richmondはちあき家に転がり込むさいこさん、IKKO氏、自分。
翌朝4時の出発に備えて、高ぶる感情を抑えつつの就寝zzzz

ちなみにちあき車は新車!!!!しかもおろして3日目Σ(゚∀゚ノ)ノキャー 
日本で400万円位する高級車みたひ、確かに座り心地good よく眠れます


朝4時 真っ暗の中出発。西に西に~!
f0238130_16222936.jpg

次第に明るくなってきて(太陽が東から追いかけてきた)
1時間半後、だだっぴろい農場?養豚場横に現れたストーンヘンジ(Stonhenge)
名前は聞いたことあったけど、世界遺産らしね!!
f0238130_1624561.jpg

ちょうど朝日が昇ってきて、幸先よいスタート♪
朝早かったためフェンスの外からの観賞、それでも十分でした。


さらに西へ・・・2時間ほど走ってBelstoneというところへ。
でぇっかい国立公園(ダートムーア国立公園)の一部とか。
ちあきの会社の人が地元の人から聞いたという穴場スポットです。うん、確かに人いない
f0238130_1626541.jpg

家も可愛い。
トイレ休憩とガソリン補給等で、のんびりしてたら
道に戻ると渋滞ができてた(つд⊂)あじゃぱぁ

ちなみにこの辺りまで来ると、まわりにはキャンピングカーがいっぱい走ってたんだけど、
あんなデカイのになぜ速いΣ(゚Д゚;≡;゚д゚)
f0238130_1714222.jpg
 
そして私たちの車内は、
第一次次睡魔の波が・・・ドライバーを横目に、一人、また一人とzzzzz

「誰か一人は起きていよう!!」という暗黙の連携プレーの中、
11時前にティンタジェル城(Tintagel Castel)へ到着!

総じて天気があまりよくないですね今日は
とりあえず腹ごしらえ。ご当地コーニッシュ・パステイ  
f0238130_16285543.jpg

もともとこの地方で働く炭鉱夫のためのお弁当的な感じで考案されたとか。
※巨大な揚げ餃子ではありません
(σ゚д゚)σ 味は、想像通りのTHE英国料理。
いいんだ、仙台では牛タン。
広島ではお好み焼きを食べるように、ここ(コーンウォール)ではコーニッシュパイや!!

4種類(ビーフ、ラム、チーズ、ベジ)を注文、4人であーだこーだ言いながらシェア♪♪
完食??うん、無理だったよ(・∀・)
お腹にずずんとたまります。
さて、その足でいよいよTINTAGEL城へ
けっこうアップダウン激しい・・・の。ひぃこらひぃこら。
f0238130_1643986.jpg

眼下に広がる海はとっても寒そうですた。

やっとの思いで頂上へ(これほんと想像以上の登山)

城があったその場所には、城の跡(破片)がところどころに残ってるって感じだったけど、
「こわーーー」とか言いながら、海沿い(崖沿い?)をぐるりと散策。見ごたえアリ(・∀・)
f0238130_16474399.jpg


14:30頃Tintagel城を後にし、約一時間のドライブの末
お次はセント・アイヴス(St.Ives)という港町へ。
高台にあるパーキングに車を止め、海の方を目指します。
海が近付くにつれて、サーフショップ?的なお店が増えてきたけど、
この寒さ・・・誰が入るのよΣ( ゚Д゚)という感じでした。
f0238130_16485692.jpg

お洒落な海沿いの街、天気が良かったらどんな感じになるんだろ~
あ、cream tea(スコーンと紅茶)もいただきました。
f0238130_1649274.jpg


コーンウォール地方、
こういったもの(クロテッドクリーム、乳製品)も名物みたいで。
そりゃあんなに牛いっぱいいるわけだ。


ほんとはこの後も観光の予定入てたけど、
天気が良くなかったので翌日に繰り越し。
ホテルについて、翌日の計画を再確認。のはずが、いつのまにかZzzzz。
自分8時過ぎには寝てたと思う。ご飯食べずに。
[PR]

もう1つのW  ウィンブルドン2010①

W杯、イングランド敗戦の翌日・・・
もう一つの“W”
ウィンブルドン(Wimbledon)にいってきたぽ。

小さいころからテニッサーだったIKKO氏はまだしも、
名前くらいしか知らなかったわたす。てか試合観たの初めてだしルールもポカン系よ( ゚д゚)

「野球でいう甲子園みたいなもの?」と聞いたら、全否定!
本当に大きな大会なんですね。
ロンドン一年生の私たち、とりあえずいろんなとこいってきます。IKKOは有Qを消費。


さてさて、チケット入手方法、いろいろあるみたいだけど、
①オトクイサマ
企業スポンサー的な!?どの世界でも、ごくごく一部の人が持っている“コネクション”。
「士農工商」っていう言葉は、中学生でも知っています。
もちろんそんなものウチにはないので、断念(東京ドームの巨人戦ですら嬉しいし!!)

②びょーどー抽選
毎年、Public Ballotという公式抽選が開催の半年前くらいに行われるらしい。が、日にちやコート、試合など指定できない上に高額とか・・・。そもそも応募してないので無理。

③根性
当日券、に並ぶ、とにかく並ぶ。
お金はいらない、少しの夢と生き抜く力があれば、庶民でもみれるんです。
ウチはコレΣd(゚∀゚d)
ただ、人気のセンターコート、No.1、No.2コート当日券は早朝どころか前日からの張り込みがいるとのこと。


ということで、
グラウンドコートチケット(NO.3~18?コートを自由に観れる)狙いで早朝から並びました。

だだっぴろ~い芝生とガッツリの列・・・
一人づつこのQUEUE CARDが配布され、あとは待つべし。

f0238130_18524734.jpg


私たちの前に5千人・・・

f0238130_18531526.jpg

7時半くらいから並んで11時過ぎには入れたのでそんなに並んでないけど、
ぶっちゃけ余裕でした。
有貴はレジャーシートに包まってひたすら寝てたし、IKKO氏は太陽を満喫、前後の人と楽しく会話。
ピクニック気分で過ごせた♪♪
f0238130_18554361.jpg


▼持ってってよかったもの(備忘録)
・サンバイザー、サングラス、日焼け止めなど:防陽
・レジャーシートとブランケット:my布団
・アンダーアーマー(私が来てる黒いやつ):日焼け&直射日光防ぐ。Butかなり不格好、で浮く。
・水:必須必須。しかし、飲み物も食べ物も売ってる。
・ティッシュ:トイレはあるがペーパーはなかった
・本、音楽:飽きた時

別の日に・・
10時半から並び初めてお昼頃入れたという友達もいれば、
朝8時から12時っていう人もいたし、
日によって違えど、待てば入れるようです。

で、いよいよ中に入るんだけど
長くなりそうなので次回へ続きます。
[PR]

,